あなたの唇年齢は?

年齢を重ねるにつれ顔も下がって行き、ほうれい線やしわなどもでき脂肪や筋肉が減り薄くなっていき、唇は薄くなっていきます。

更に長年の蓄積した紫外線によるダメージや、生活習慣も合体して特に年を取ると、唇も荒れやすくなり、唇が荒れる事で本来の血色がきれいに出ず、ますます唇も老化して見えます。

しかしどのようにして唇を老化させないようにしたら良いでしょうか?

唇老化対策

4

まずは保湿です。体の他の部位、特にお顔のお肌にも同様の事が当てはまるのですが、乾燥は百害あって一利なしです。

肌が乾燥してしまうと、角質が固くなり保湿をしても、十分な水分が唇の中に入っていかない事が多いです。

逆に言うと、唇の皮膚を柔らかくし、水分をより吸収できる体制が整えば、唇も潤いが出ますし、潤う事によって唇が荒れなくなります。

リップをしたりして普段から保湿をする以外に自宅で夜寝る前にリップのパックなどのスペシャルケアを取り入れると、潤いのある唇を取り戻せます。

また顔のお肌のターンオーバーは28日と言われていますが、唇の皮膚のターンオーバーは一週間程度なので、ケアをするのが早ければ早いほど効果が出るのも早くなりますし、顔のお肌より回復が早いので、これをやったから唇が若くなったとはっきり感じると思います。

また、紫外線を浴びると老化が進むので、日中は日焼け止め成分が配合されたリップを使い、

唇に紫外線を浴びないように気を付けましょう。

また唇に縦ジワができるのも老化の現象のひとつです。

こちらに関しても唇に潤いが戻る事で大きく改善します。

水分に唇に戻る事で、唇の皮膚そのものがキレイになり、その下を流れる血色も、キレイに見えます。血色よい潤いのある唇は、若く見えます

また週に1,2回程度唇にマッサージをするのも血行を良くするのによく効きます。

リップなどを唇に少し多めに塗って、優しくマッサージをするだけです。

その上でお顔のストレッチもしてみましょう。母音を大げさに発音する方法や、舌を鼻と唇の間に入れて、そこから360度回転させるなど色々なマッサージがあります。

老化を食い止めて、逆に若くなりますので試してみるといいかもしれませんね

ビタミン○○が美しい唇を作る!

サブコンテンツ

このページの先頭へ