健康的な唇な色になりたい!

唇の色について悩んでる方は実は多くいます。

特に男性は女性と違って口紅などでカバーできないので、尚更気になるようです。唇はとても薄く、刺激やダメージに弱いパーツです。男女ともに言える事は生活習慣を変えれば唇の色は改善するという事です。

ではどのような習慣が唇の色を悪くする原因になりうるのでしょうか。

まずは血行不良が原因になります。顔なども同じことが言えますが、血行が良くないと顔色が悪くなるのと同じで、唇も血行が悪いとくすんだ紫色になってしまいます。

7

また喫煙の習慣がある人は煙草を辞めるなどの思い切ったチェンジが必要です。

そして胃腸や内臓が弱っている時も唇の色が悪くなります。

唇の色が悪く、胃腸も弱くなっていると感じたら、胃に優しい食事に切り替えてみる事も有効です。

入浴後、血行がよくなっているときに唇を軽く揉んでみるのもオススメです。

後は頻繁に唇をなめたり、擦ったり、噛んだり、または乾燥ではがれてきている唇の皮をむくのも悪しき習慣です。

このような習慣は単品ではなく、二つ以上重なる場合も多いものです。

もし心あたりがある習慣があれば、極力無意識にやらないように日頃から意識をした方がいいでしょう。

 

またリップを塗って保湿すると改善がみられますが、実は就寝時はリップをしないほうが逆に唇の荒れを早く治す事が出来ます。乾燥してパサパサするので気になるのは分かりますが、寝る時は顔もすっぴんの方がいいように、唇も余分な成分がついていないほうがいい様です。

またリップの塗り方にも一工夫を加える事で簡単に改善しやすい環境を作り出すことも出来ます。

普通はリップは横に塗る、という人のほうが多いですが、ご存じの通り唇の皮膚は縦に走っています。

木を削る時は木の繊維の方向に削るほうが、逆に削る方がやりやすいのと一緒で、

リップに関しても縦に塗った方が唇のすみずみまでリップの成分が行き届きます。

こうする事で今まである種のブラインドスポットになっていた唇のしわの影の部分まで保湿をする事が出来るようになります。

口唇ヘルペスの感染経路と症状は?

サブコンテンツ

このページの先頭へ