唇に口内炎?

口内炎といえば口の中にできるイメージが大きいですが、唇の口内炎もあります。

唇の口内炎については主な原因は食べ物の好き嫌いやビタミン鉄分が不足したり、ストレスが溜まり過ぎている、もしくは睡眠不足などが考えられます。

 

他には唇などを噛むクセがあったり歯ブラシで不必要な所を過剰に擦っていたり、

歯磨きをしないために口に雑菌が増えて起こる事もあり、原因も幅広いです。

 

またヘルペスウィルスが原因の唇の口内炎になった場合は、話す時も痛みますし、ごはんを食べるのも大変だったりする上で、再発や第三者への感染の危険も懸念される事から医療機関の診療を受ける事をお勧めします。

 

同じ細菌系で言うとガンジタ菌が増えて白い苔のようなものが広がるという症状もあります。

痛みが出る事はあまりないのですが、体調を整えれば治る事が多い様です。

 

また喫煙をする習慣があったり、アレルギーでも口内炎は出来ます。

あまりにも量が多い場合は口腔癌の可能性もあります。口内炎の量が10個以上あれば一度歯科医を受診する事をお勧めします。

 

このように唇に口内炎が出来る原因は様々ですが、ではどうしたら改善できるのでしょうか。

 口内炎改善方法

まずは生活習慣を見直すことが肝要です。

口の中をきちんと清潔に保つ事も大切です。

歯磨きが面倒でつい忘れてしまったり、歯磨きをした後についジュースを飲んでしまう人もいますが、口の中の雑菌は特に就寝中に繁殖します。

虫歯になる可能性も高い上、不清潔が原因で口内炎まで出る危険性も高いです。

必ず寝る前に歯磨きは忘れない様にしましょう。

 

またゆっくりと休養をとり、疲れや睡眠不足にならない様に気を付けましょう。

そして休みの日には遊びに行ったり、家で好きな事をしたり息抜きができるような行動を心がけなるべくストレスを溜めないようすることも大事です。

 

ビタミン剤を飲む以外に合成界面活性剤などの有害な成分が含まれていないタイプの洗口液で口をゆすぐという方法も効果的ですが、あまりにも治らないという場合は歯科や口腔外科などで口の中を医療的に消毒してもらうのも一つの手です。

唇のしびれは危険信号!

サブコンテンツ

このページの先頭へ