唇のほくろは危険?

ほくろも位置によっては可愛いかったり、セクシーだったりしますが、唇とかにポコッとあるのが気になる・・・と言う人も多いですよね。

昔はほくろの除去手術は切除して縫合するという方法がメインでしたが、手術したところに不自然な穴ができるなどデメリットも多くほくろを除去したくても手術に躊躇する人も多くいました。

8

しかし最近は技術の大幅な進歩もあり、レーザー手術で手術跡が残りにくくなったため、気軽に手術を受ける人も増えていています。

また比較的大きなほくろがある人は跡が残らないように分割して手術するケースもありますが、そこまで大きさがなければ数分で、しかも一回の手術で終わるケースがほとんどです。

また、美容整形での手術なので、そのほくろが良性なのか悪性なのかも検査をしてくれます。

メラノーマって?

悪性だった場合はメラノーマと言われ、簡単に言うとほくろの癌です。

メラノーマは全身どこにでもでる可能性があります。

背中など自分が気づかない所に出来たら進行が気づかないうちに進むこともあり、また単なるほくろに似ているので素人では見分けがつけにくい場合も多々あります。

 

ほくろとメラノーマの違いはほくろは単にメラニン色素の集合体が集まっただけという状態なのに対し、メラノーマは病気という事です。

早期で気づけばいいのですが、気づかずに放置すると病状が進行し、一般の癌と一緒で全身に転移してしまいます。

そうならないためには日頃からの注視が必要です。

メラノーマの見分け方

メラノーマにかかっている場合の特徴としては、今までなかった場所に急に出来た、左右で割った場合左右非対称であったり、ほくろのふちがぎざぎざしている色に濃淡があったり二色に見えるなどが挙げられますが、もともとのほくろが以前より明らかに大きくなっている場合は特に注意が必要です。

ほくろの異変に気づいたら早急に医療機関で診断してもらうべきでしょう。

 

早期で発見する事ができれば、ほくろの切除のみで済みますが、遅れてしまうと切除で済む問題ではなくなってしまうこともあります。

病院で検査をしてホクロであれば除去したい!という方には美容外科で診断をするとスムーズに除去が出来ます。
池袋サンシャイン美容外科ではホクロの病理検査から除去まで行ってくれます。

大きさにもよりますが5分~10分程度で除去が終了します。

手術後は少しの間小さいガーゼをつけますが、跡形もなくきれいに除去することができます。


日頃から注意深く観察してもし気になるようでしたらカウンセリングを受けてみるのもオススメです。

唇の健康管理方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ