日常的な唇のケア

唇の日常的なケアというと何を思い浮かべる人が多いかと言うと、やはり大半の人はリップや薬用リップでのケアという答えが多いです。もちろん、特に乾燥する時期は唇が荒れやすいのでリップなどを使い乾燥から唇を守るのは最も有効な予防ケアのひとつと言えるでしょう。

 

ところであまり広くは知られてはいませんが、唇は臓器を表すと古くからいい、唇の状態で体のどこが悪いのかおおまかに分かります。

口角炎は、食べ過ぎや、栄養の偏りなどで胃腸の調子が悪くなるのは周知のとおりですが、

例えば上唇が荒れている場合は胃の調子が悪く、下唇の調子が悪い場合は腸の調子が芳しくないという説もあります。10

 

また唇の色で言えるのは、唇が白いと貧血気味であったり、赤いと熱があったり、疲れが溜まっていたり、胃腸が不調であったりします。少し怖いのは、唇が紫だと心臓や肝臓が悪かったり、黒だと腎臓が不調であるなど調べてみると唇ひとつとっても色々わかります。

 

体は不思議なもので、全身がそれぞれとつながりがあります。

 

例えばリフレクソロジーなどに行くとスタッフがわかりやすく説明してくれますが、足のうらに目のつぼがあり、腰の反射区があり、全身のツボがあります。

体に悪い部分があると、その足のツボを押すとそこだけ温度が低かったり、固かったり、押されると激痛が走ったりしますよね。

 

唇も一緒で、内臓が助けてくれというサインを出しているのです。

つまり、逆にいうと胃腸の環境を整える事で唇の健康も改善される場合もあるという事です。

肉や魚、野菜などをきちんと三食バランス良く食べて、きちんと規則的な睡眠を

取り、健康的に生活する事で唇の色や状態も改善する事も多いです。

 

それに加えて唇が乾燥しないよう、予防策としてリップを塗ったり、また時には唇にパックなどもしてみると体の内側からも外側からもケアが出来て日常的に健康になりますし、唇の状態も改善されることでしょう。

男の唇ケア方法とは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ