ほくろとメラノーマについて

皆さんは、「メラノーマ」という病気をご存知でしょうか。

これは「悪性黒色腫」と呼ばれているもので、悪性の腫瘍です。

メラノーマは、皮膚がんのことでもあり、ほくろのように

見えるので、できていても気が付かないという人もいます。

 

できやすい場所は、手のひらやツメ、背中や顔にできる

人もいますので、身体のどの部分にも発生する恐れは

あるといえます。

 

ほくろがだんだん大きくなってきているという人

メラノーマを疑う必要もあるかもしれません。

 

大きなほくろもメラノーマの可能性が高いとされています。

6mm以上のものがある人は、皮膚科などを受診して

調べてもらいましょう。

 

メラノーマはどうして発症するのかについてですが、

紫外線による影響、ほくろを触ったりして刺激を

与えてしまった場合、もともとの体質などが原因として

あげられています。

 

メラノーマには種類があり、その種類によって発症しやすい

とされている年齢や、進行するスピードも異なってきます。

 

種類は4つあり

  • 悪性黒子型
  • 表在拡大型黒色腫
  • 結節型黒色腫
  • 末端黒子型黒色腫

という風に分けられるようです。

日本人に多いのは末端黒子型黒色腫です。

 

メラノーマを防ぐためにできることとしてあげられるのは、

できているほくろは、触らないほうが良いということです。

もし、ほくろがメラノーマであった場合、ほかの箇所に転移を

させてしまう危険性があるからです。

 

また、紫外線の影響は大きいですので、日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。

しっかり日焼け止めを塗り

帽子や日傘、サングラスなども使いましょう。

 

そしてメラノーマは唇にもできる事があります。

唇にほくろがある人は、メラノーマの可能性もあると言われていますが、唇はもともと皮膚が薄くて、デリケートな部分なので、紫外線の影響もとても受けやすく、ほくろ自体ができやすい場所でもあります。

 

紫外線があたり、唇にシミができることもあります。

唇は顔と同じように、紫外線対策が必要な場所です。

 

UVカットのできるリップクリームなどを使用して

唇を紫外線から守りましょう。

 

メラノーマかどうか気になる・・自分で確認できる方法があれば

知りたいという人のためにどのように見分けるのか、その方法を

お話したいと思います。

 

普通のほくろはきれいな丸い形をしています。

きれいな楕円形の形もあります。

 

一方で、メラノーマは形がいびつです。

血がでることもあります。それから触れるとざらついていたりします。

ネットなどで検索してみると、メラノーマの症例写真が

ありますので、自分のほくろと比較してみてもよいでしょう。

 

もしもいびつな形をしていたり、表面が盛り上がっている

感じがする場合は、一度皮膚科を受診して、診断をうけましょう。

 

ある日突然できていたほくろには、気をつけたほうが良いです。

そのほくろがもしだんだん大きくなってくるようなことがあれば

お医者さんに見てもらってください。

 

メラノーマは手術で取り除くことができます。


病院での検査と同じですが、ほくろであればそのまま5分で除去!ということも美容外科なので可能です。

検査だけの受け付けもしていますので一度見てもらうのもいいかもしれませんね。

早く見つけることができれば、きちんと治りますので

心配しないでください。

 

手術の際は、ほくろだけを切るのではなく、少し余分に

皮膚を切らなくてはいけません。

 

これはまわりにがんが転移していた場合のことを考えて

このように切りますので、仕方がないことです。

 

がんと聞けば、思いつくのは抗がん剤だと思いますが

メラノーマでは、抗がん剤や放射線治療よりも

手術で切るという選択肢が多いです。

 

ただしこれは初期の場合ですので、重症化した場合は異なります。

また、がんですので、再発という危険性もゼロではありませんから、定期的に検査などをうけなければならないという事も覚えておきましょう。

 

唇にできたほくろがメラノーマでなくても、とりたいと思う人がいるようなので、ほくろの切除についてもふれておきたいと思います。

 

唇にできてしまったほくろは、レーザーでとることができます。

 

麻酔なしで痛みも少ない方法を取り入れているクリニックも

ありますので、ほくろを取りたい人はどのクリニックが

症例数が多いか調べていくことをおすすめします。

先ほど紹介した池袋サンシャイン美容外科ではたくさんの症例数があるため参考にしてみてください。

 

また、ほくろをとる前に、良性か悪性かということを

調べてくれるため、安心です。

 

メラノーマかどうかの検査は、これまで細胞を採取して

検査するという方法が主でしたが、このときにほくろに

刺激を与えてしまう可能性があり、そのことで転移してしまう可能性が

あることから、最近では他の検査方法で行われています。

 

この検査方法はダーモスコープといわれていて、ほくろを

拡大してみることができる器械でそれでほくろの細かい部分を

確認することができるので、ほくろに傷をつける心配がなく

検査ができます。

 

日本人の場合、メラノーラが発生する確立は、白人に比べると

低いそうです。

そして、足の裏にできる人が多いそうですので、他の箇所の

場合は、そんなに心配する必要はないかもしれません。

 

気になる症状が出た場合には、お医者様に相談してみましょう。

 

メラノーマの特徴と治療と予防法

メラノーマ治療の新たな光!オプジーボ治療とは?

くちびるも日焼けするんです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ