唇の日焼け。どのような症状?

唇も皮膚ですし、顔と同じく衣服をまとっている状態ではないので、当然紫外線を浴びます。

すると日焼けをします。

 

ただ、あまり唇の日焼けというものに対し、あまり実感や経験がないという人が多いと思います。それは、唇という皮膚が、再生能力が高いためです。

なんだか唇の皮が向け、前歯でちょっと噛んだ経験がある人はたくさんいると思います。それが唇の日焼けだったのかもしれません。

 

そのようなものですから、よほど強い紫外線を浴びないと日焼けをしているなという実感はないのだと思います。

その例として、私個人の経験ですが、夏場に一日海やプールで遊んだ時に、何度か唇の日焼けの経験があります。

 

実感するレベルになると、唇の日焼けはちょっと痛いです。

黒くなり、ちょっと茶色っぽい感じになり、タラコ唇になってしまいます

人間、口元というのは見た目の印象上、とても大事なのだなと思います。

鏡でじっと自分の顔を見ると、少しふてぶてしい人柄のような、あまり機嫌が良さそうではないような印象に変わりました。個人的な感覚ですが。

 

そして、何だかヒリヒリします。日焼けなので当然ですね。

なので、どうしても無意識に唇を舐めているのですが、それでまた乾燥してしまったりするのか、腫れやヒリヒリした感じが少し酷くなった感じになってしまいます。

 

また、別の時には、なんだかやたらと痒かった時もありました。ずっと舐めたり、痒いのを歯で掻いたりしていたら、やがては痛くなりました。

ただ、先に述べたよう、再生能力の高い唇ですので、1,2日で症状は収まりました。

 

メラニンの含有量が多い日本人には事例は少ないようですが、唇のガンという病気があり、それは、紫外線が原因となるようです。

とはいえ、0%では無いでしょうから、あまり唇の日焼けはしないほうが良いと思います。

 

予防策としては、あまり画期的なものはないようです。紫外線対策のできるリップを塗る、帽子を被る、程度のようです。お肌とあまり変わらないという事ですね。

 

なお、唇の日焼けに限った話ではないですが、曇りの日になると日焼け対策を緩める人が多そうですが、実は曇った程度では、紫外線は二割程度しか減ってないそうです。

夏場によく、「曇りの方が意外と焼けるね」という話を聞きますが、日焼け対策が晴れの日に比べてあまりされていない事が真相のようです。

 
唇も皮膚ですし、顔と同じく衣服をまとっている状態ではないので、当然紫外線を浴びます。
すると日焼けをします。

ただ、あまり唇の日焼けというものに対し、あまり実感や経験がないという人が多いと思います。それは、唇という皮膚が、再生能力が高いためです。
なんだか唇の皮が向け、前歯でちょっと噛んだ経験がある人はたくさんいると思います。それが唇の日焼けだったのかもしれません。

そのようなものですから、よほど強い紫外線を浴びないと日焼けをしているなという実感はないのだと思います。
その例として、私個人の経験ですが、夏場に一日海やプールで遊んだ時に、何度か唇の日焼けの経験があります。

実感するレベルになると、唇の日焼けはちょっと痛いです。
黒くなり、ちょっと茶色っぽい感じになり、タラコ唇になってしまいます。人間、口元というのは見た目の印象上、とても大事なのだなと思います。
鏡でじっと自分の顔を見ると、少しふてぶてしい人柄のような、あまり機嫌が良さそうではないような印象に変わりました。個人的な感覚ですが。

そして、何だかヒリヒリします。日焼けなので当然ですね。
なので、どうしても無意識に唇を舐めているのですが、それでまた乾燥してしまったりするのか、腫れやヒリヒリした感じが少し酷くなった感じになってしまいます。
また、別の時には、なんだかやたらと痒かった時もありました。ずっと舐めたり、痒いのを歯で掻いたりしていたら、やがては痛くなりました。
ただ、先に述べたよう、再生能力の高い唇ですので、1,2日で症状は収まりました。

メラニンの含有量が多い日本人には事例は少ないようですが、唇のガンという病気があり、それは、紫外線が原因となるようです。
とはいえ、0%では無いでしょうから、あまり唇の日焼けはしないほうが良いと思います。

予防策としては、あまり画期的なものはないようです。紫外線対策のできるリップを塗る、帽子を被る、程度のようです。お肌とあまり変わらないという事ですね。

なお、唇の日焼けに限った話ではないですが、曇りの日になると日焼け対策を緩める人が多そうですが、実は曇った程度では、紫外線は二割程度しか減ってないそうです。
夏場によく、「曇りの方が意外と焼けるね」という話を聞きますが、日焼け対策が晴れの日に比べてあまりされていない事が真相のようです。

 

あなたの唇年齢は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ