唇の日焼けにご注意を

顔や体の日焼け対策はバッチリなのに、

唇はつい何もしないで無防備な状態のままに

してしまうことがよくあります。

長時間外に出ていると、だんだんと唇に違和感を覚え

カサついてきてヒリヒリと痛みを感じてきます。

そこでようやく「しまった!」と気づきます。

意外に日焼けをしやすい場所でありながら、

何の対策もせず唇だけ日焼けしてしまうのです。

 

唇もUVカットのグロスやリップクリームを塗って

しっかり紫外線をカバーする必要があります。

また、最初にしっかり塗っていてもドリンクを摂ったり、

食事をしてしまうとすぐに落ちてしまうので、

顔や体以上にこまめに塗りなおすことがポイントです。

 

唇が日焼けをすると皮がめくれたり、

ひどい時にはシミが出来たり、

唇全体の色がくすんでしまったりすることもあります。

また重度の日焼けでボッテリ腫れたり、水膨れができてしまった場合には、

一種の火傷なので医者へ行くことをおススメします。

そして何気なく使っている口紅には油分が含まれていて、

それが日光により酸化して唇にシミを作ってしまうこともあるので、

気をつけなくてはいけません。

 

うっかり唇が日焼けしてしまった時は、

まずはよく冷やすことが大切です。

氷を使って冷やしてあげるのが、手っ取り早いです。

そして唇が落ち着いてきたら、

オリーブ油など天然ものや香料の入っていないベビーオイルなどを使って、

しっかり潤いを補給してあげます。

皮が薄く非常にデリケートなパーツである唇は、

蜂蜜を使ってラップパックを行ってあげると荒れが落ち着いてきます。

パックは顔と同じように唇にも効果的です。

 

ただし、日焼け後のメントール入りのリップクリームはしみることもあり、

却って症状を悪化させてしまうことがあります。

様子を見ながら使用するか、なるべく避けたほうがいいかもしれません。

 

基本的には唇の皮膚のターンオーバーは早いので、

日焼けをしてもしっかりケアをしてあげることで

数日で回復してくれます。

これからは顔や体と同様に、出掛ける前に唇ケアも

忘れず行う習慣をつけていきたいものです。

 

唇のできものやその他の病気

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ