紫外線カットのリップケアをしよう!

冬に唇が乾燥してしまうのは、外気の乾燥が原因となっているからです。

 

ところが、夏にも唇が乾燥したように感じることがあります。夏に唇が乾燥してしまう原因にも、様々なものがあり。

 

毎日の中で唇のケアを怠っていたり、エアコンなどで室内が乾燥することによって、お肌と同時に唇が乾燥してしまうこともあります。

 

実は、あまり、知られていないことですが。強い日差しによって、唇が乾燥してしまう。それは、唇の日焼けかもしれません。

 

唇が日焼けをした時の状態は、通常のリップクリームを塗っても、絶えず唇が乾いているように感じる。唇が明らかに乾燥している状態で、表面がガサガサになって荒れている。唇がこのような状態になっていたら、早めにケアをした方が良いでしょう。

 

 

女性の多くは、紫外線対策として、お肌に紫外線防止対策などを施しますが、意外と唇に対しては、通常のリップクリームなどのケアで済ませてしまいがちです。

 

実は、唇はメラニンが少ない部分でもあり、顔のパーツのうち、どの部分よりも紫外線に弱い部分でもあります。

 

ほとんどの女性がUV効果のあるリップクリームを意識して購入している方が少なく、通常のリップクリームの上から口紅などを塗っていることが多いのです。

 

口紅は、油分が多いため、紫外線をさらに吸収してしまい、中には唇にシミが出来てしまう場合もあります。

 

夏に限らず、紫外線は、四季を通して、いつでも降り注いでいます。できれば、外出をする時などは、お肌の紫外線対策と同時に、UV効果のあるリップクリームを使用すると良いでしょう。

 

UV効果のあるリップクリームの中には、紫外線防止対策として優秀なものがあります。紫外線吸収剤不使用で、天然成分から作られているものもあり、さらに、保湿効果が高いものもあるので、リップクリームを塗るだけで、紫外線防止と唇の乾燥をケアすることが出来ます。

 

唇はデリケートな部分でもあるので、できけば無添加のリップクリームであることが望ましいでしょう。

 

口唇ヘルペスの感染経路と症状は?続き 唇トラブルにはこのリップ! 唇に口内炎? 唇の日焼けにご注意を

“紫外線カットのリップケアをしよう!” への1件のフィードバック

  1. keiko より:

    口紅が日焼けを促進してしまうということは始めて知りました…毎日使ってるだけにショックでした^^;
    なるべく紫外線対策のされているリップを選ぼうと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ